ワインのない食卓は太陽のない1日と同じだ

ville.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 16日

イ・ルンガに恋をして

この日はメインダイニング貸切らしく、個室に通されました。
a0137181_11415433.jpg

a0137181_1142976.jpg

6人様用の個室は広くてちょっと寂しいですが、なかなか個室で戴く機会がないので
それはそれで風情あり。
先程お見苦しい食べかけ画像公開しましたが、これが提供時のお姿(笑)
a0137181_10403112.jpg

自家製サルシッチャとれんこんのピューレ
このサルシッチャが半端なく美味しい!!思わずはっとさせられました。。
一口アミューズと言わず、くガッツリ前菜に組み込んでほし~

自家製パンは、フォカッチャ、ブリオッシュ、はったい粉と胡桃
a0137181_11424574.jpg

一番手前のブリオッシュ(一口クロワッサンみたいなの)だけはお客様の人数分しか焼かないそうで
(つまりこれで予約人数が把握できるのですね)フォカッチャとはったい粉は何度でもお代わりできます。そしてこれまた美味しい・・・久々にレストランの自家製パンに心掴まれました。

いよいよ前菜。まずは3種盛りの登場
①いさきのカルパッチョ、ボッタルガ添えと、うちわエビとキャビアの冷製サラダ仕立て
a0137181_1143927.jpg

②季節野菜のバーニャカウダ
a0137181_21223182.jpg

③鹿さん
a0137181_21224848.jpg


牛モモ肉の岩塩包み焼き
a0137181_2123963.jpg

めっちゃめちゃ柔らかいです!塩加減も絶妙!!

アマゴのコンフィ ハーブ風味
a0137181_2123332.jpg

こちらも別の意味で超柔らか。骨があるなんて全く感じさせません。
コンフィって素材を何でも柔らかくしてしまう魔法の調理法なんですねw

熟成ジャガイモのスープ エビのラルド巻き添え
a0137181_21235166.jpg

熟成ジャガイモは北海道の北あかりを使用。
なるほど、チーズでも入ってるんじゃないの?って濃厚さ。
見た目はエビが主役かと思わせるこのスープ、
一口食べると本当の主役はジャガイモであることに気づかされます。
スープにちょろっとかかってる茶色いジュはエビをラルドでローストした際に出る油とのこと

香りゴボウのパートフィロ包み焼き 地卵のスクランブルエッグ
a0137181_21241539.jpg

これ、めちゃめちゃ自分好みの味!遥遥遠足来てよかった~
トリュフはシェフからのサービス。きゃ~~、愛してます!!笑

宇陀金ゴボウのトルティーノ パルメザンチーズ
a0137181_21243517.jpg

こちらもゴボウが使われていますが、パートフィロのゴボウとは違う種類だそうです。
こうやって地の食材を使用してるところも、この地を愛してるシェフの思いが伝わってきます。
しかし、どれもこれも見事にドストライクに私好みの味付け。惚れてまうや~ん・笑

お次はプリモのオンパレ
自家製タヤリン 冬の茸ソース
a0137181_21245349.jpg

ロンブリケッリ ラグークラシコ
a0137181_21251467.jpg

アニョロッティ ダル プリン
a0137181_21253381.jpg

3品とも見事に大好き手打ち麺。そしてどれもピントの合った間違いない美味しさ!!
どーしましょ、こりゃ遠足と言わず、奈良まで通勤せねば!!!^^;

パスタだけでなくリゾットもめちゃウマです!
かぼちゃのリゾット フォアグラのマリネ添え
a0137181_2126063.jpg

この真ん中のとろっとしたのがフォアグラのマリネ
リゾットの余熱でとろけて・・・至福です。

結構お腹が膨れてきたところで、いよいよメインの登場
せっかくなので、そろそろお別れとなってしまうジビエを。

雷鳥のロースト
a0137181_21262468.jpg

a0137181_21263486.jpg

オーダー時、本日雷鳥ですと聞いて一瞬戸惑いました。
野うさぎちゃんに続いてクセの強いジビエと聞いている雷鳥くん。
元々クセの強いジビエはあまり得意な方ではないので、美味しく戴けるかな~って。
でも、何事もチャレンジは必要。堀江シェフの腕に身を任せてのオーダー。
結果オーライ!確かにクセはありますが、そこまできつくないし、
それにこの大地のような力強い味が、ジビエ好きにはたまらないのでしょう。

ワインはまず、シェフの修業先ピエモンテ州の白をいただく

ロエロ アルネイス ビアンコ2008
a0137181_2127042.jpg

こちらのワインリスト、州ごとに区別されてて、どれが赤でどれが白なのかわからない。
フランスワインはそこそこわかるんだけど、イタリアワインはさっぱりなので・・
ソムリエさんも、イタリアワインは奥が深くて複雑で難しいと。
確かにイタリアは地ぶどうだらけで、品種覚えるだけでも大変そう。

お次は赤を2種
a0137181_21271960.jpg

a0137181_21273035.jpg

どっちかが、雷鳥に合うものをお願いしたんですけど、どっちだったか失念(爆)
イタリアの赤って、力強くて美味しいですね!
フランスワインは白派のわたしも、イタリアなら率先して赤頼んじゃうかも~
これからはイタリアワイン、勉強してみようかな^^

おっと、デザート紹介するの忘れてた・・・w

プレデザート
a0137181_21275034.jpg

ミルクチョコレートのムース 塩カラメルのジェラート
a0137181_19252739.jpg

フォンダンショコラ バナナのキャラメリゼとパッションフルーツのソルベ添え
a0137181_19253899.jpg

デザートは小ぶりで上品で、わたし的には助かった^^

ミニャはお腹いっぱい
a0137181_19255735.jpg

貸切でお忙しいのに、最後にシェフが御挨拶にいらしてくれました。
とても腰が低く、好印象な方。どれもこれも泣きそうなくらい美味しかったです~!!
幸せな気持ちにさせてくれたお料理、どうもありがとうございました!

あっという間の3時間。
でも、とっても堪能できた3時間。完璧に心掴まれちゃいました(苦笑)
また必ず再訪します!!!鹿さんにも会えるしね^^
平城遷都1300年の奈良へ観光がてらぜひイ・ルンガへも足を運んでみてください。
オススメです♪
[PR]

by umo-pamo | 2010-01-16 19:40 | イ・ルンガ


<< ワインのお勉強      行ってきました! >>