ワインのない食卓は太陽のない1日と同じだ

ville.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 21日

ル・ベナトン@夙川

阪神間のお店で、気になる木なお店はたくさんあります。
a0137181_213311.jpg

ただ、歳のせいか つい大阪市内止まりで纏まってしまってます。

この日のランチはそんなオバハン化を振り払って、
前々からプチ気になる木じゃった夙川の「ル・ベナトン」さんへ。
a0137181_2151258.jpg

先入観だか何なのか、大阪にはない「品」を感じます。

先日、購入の申告したあまから手帖さんにも掲載されてました。
a0137181_211337100.jpg

お邪魔した直後の掲載は、先見の明的な感じで、妙に誇らしかったりする(笑)

全くカンケーないけど、またしても手出しても~た!
a0137181_21165754.jpg

一応、申告まで--;

お昼からシャンパンです。やっぱり、セレブですわ!(偏見)
a0137181_218733.jpg


泡立ちキレイ
a0137181_218267.jpg


アミューズにかぶらのホイップ仕立て
a0137181_2193280.jpg

見た目、ほんと生クリームをホイップした感じの、完全「お菓子」なアミューズ。
でも、かぶらなんです。甘みは「かぶら」のみ。
わたし、生クリームの泡立てたん超ニガテなんで、のっけからそれなら、後々かなりヤバかったです(笑)

鮮魚のマリネと豚足と野菜の温かいソース
a0137181_21203427.jpg

鮮魚に豚足ですか~?!と思いましたが、なかなかにベストマッチ。
それぞれの持ち味が引き出され、お互い邪魔しあってません。
これが白身のお魚なら、また違ってくるのでしょう。

ウサギの白いロワイヤル フォアグラ詰め
a0137181_21233413.jpg

これは、もう、ウサちゃん(共食い?!爆)のタンパク且つ火入れジューシーなとこに
これでもかのフォアグラとトリュフ香。
何よりロワイヤル(おソース)が涙もんにウマーー!

うさ公さんに合わせた重めの白をグラスで
a0137181_2127898.jpg

そう、この日はおとなしくグラスです(笑)

a0137181_21275136.jpg

軽めの樽香が心地よい

painは自家製
a0137181_21283780.jpg

まぁるくてかわゆい^^

本日のお肉料理から
a0137181_2130342.jpg

仔牛と季節野菜のトマトソース煮込み

ブーダン(♪)
a0137181_2152351.jpg


正直、前菜の時点では、「あ、やっぱお嬢阪神間」←これまた偏見
わたしには量物足りるかな、、なんてちょっぴり不安だったけど、メインのボリュームがすごい!
a0137181_2138333.jpg

「メインもしっかりどっしり味わって欲しい」というシェフの思いがしっかり伝わりました^^

特にブーダンは、かなりごっつくて食べ応え満載でしかもお味もウマウマやった☆
a0137181_21531477.jpg


ブーダンに合わせて赤も
a0137181_2139785.jpg

a0137181_21391684.jpg


デザートはフォンダンショコラ
a0137181_21403379.jpg

器入りが珍しい

テとミニャ
a0137181_21411331.jpg

a0137181_21412026.jpg

サイゴまで抜かりなし!

久々のセレブな休日ランチ。
ここ最近ビニシー続きですっかりオッサン化してきてしまってたけど、
やはりこういう背筋シャンとなるフレンチ行くと、身も心もお嬢になります(ホンマか?!)

こちらのお店は伝統ブルゴーニュ料理。
確かに、流行の軽モダンな泡のフレンチ(これ私の勝手なイメージよ)ではなく、
どちらかというと、古典的且つどっしり系。でも決して重くはない。
そこは若いオーナーシェフが古典のクラシカルな重みと現代の軽さをうまいこと
調和させてるんだと思います。

駅からも近いし、大阪市内からも割りとフットワーク軽くお邪魔できそうなこちらのお店。

暖かくなったら、チーム新地仕様 ちょっとドレスアップして今度はディナーに行ってみたいな(*^-^*)
[PR]

by umo-pamo | 2011-03-21 21:47 | ル・ベナトン


<< no 5 MENU BRETON      レッスン風景とお詫びと・・・ >>