ワインのない食卓は太陽のない1日と同じだ

ville.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 31日

憂鬱な雨ですね

雨はキライです。
せっかく買ったパンが湿気で重た~くなっちゃうから。とはNちゃんの談・笑
そんな雨にもマケズ、いまシュクレファンの間で、話題持ちきりのお店へ行って来ました♪

a0137181_2353375.jpg

余談ですが、親分のお店はほんじつ朝10:00時点で50人待ちの行列とかwぴえ~~
そんな中、こちらのお店は落ち着いていて、ゆっくりと選ぶことが出来ました♪
a0137181_012429.jpg

a0137181_001131.jpg

どれも親分のDNAを受け継いでいるなって感じの子たちでした。
さすがに変態パンはありませんが(笑)
これからどんどん成長していって欲しいお店ですね☆

市内に戻り、先週のワイン会のときにうっかり忘れたものを取りにダイガクさんへ。
こちらも雨などものともせず混み混みな感じでした。
すんません、もう忘れません(笑)

帰りふらっと立ち寄ったボン・ルパさんでステキすぎる企画に遭遇!!
a0137181_012846.jpg

1コインで世界のワイン50種好きなだけ試飲できるというもの♪
帰って通信教育やらなきゃあかんのよ~!と言い聞かせながらも悪魔の誘惑に負けてしまった・・
a0137181_014052.jpg

でもこれも立派なワインのお勉強なんですっ(苦笑)
[PR]

by umo-pamo | 2010-01-31 23:01 | 日々の出来事
2010年 01月 29日

GETできました♪

はりきって出勤前に行っちゃいました(笑)
お店前に着くと、何やら外にまで人だかりがw
これは30分は並ばなきゃ買えないかも・・ちと不安がよぎりましたが、
どうやら人だかりはご予約のお客様ばかりのようです。割合すんなり買えました。
でも、ショーケースの中は既に半分弱、、なのかな?なるほど、こりゃお昼で完売しますわ。
予約の数も半端なかった*-*

鬼買いしてすぐに売り切れちゃったら申し訳ないし、1個だけにしておこうと心に決めつつ、
美味しそうな子たちを見るとついつい誘惑に負けてしまうーー;
それでも4個でセーブ!!(これでも控えたんですよ!笑)
だって、お店としては1人でも多くのお客さんに行き渡って欲しいですもんね。

a0137181_185860.jpg

バレンタイン限定商品も2種買ってしまいました。

今日はこれから自宅近くで開催されるセミナーに参加。
a0137181_1851985.jpg

とりあえず、パンを置きに帰りたくて一旦帰宅。
食べて呑んでだけじゃなく、ちゃんとお勉強もしてるんですょ!(笑)
[PR]

by umo-pamo | 2010-01-29 18:07 | 日々の出来事
2010年 01月 28日

GAKUさん再び・・・


前回ガッツリとは食べれず、食べたい・行きたい病が募り(笑)急遽友達誘って行ってきました!
遠い中、フットワーク軽く付き合ってくれたKちゃんに感謝・感謝!

a0137181_2242855.jpg

早い時間は満席なんですね。店内入った瞬間、ものすごい熱気と、う~ん。いい匂い^^
やっぱり良いお店には自然とお客さんがたくさん集まるんですね。

まずはバーニャカウダを
a0137181_22465310.jpg

ひととおり選んだ後、「何か全体的に肉々しいよね・・」と最後に追加した野菜料理(笑)
AIDAさんのような生野菜が出てくるのを想像していたのでちょっと驚き。
でも、ソテーされたお野菜たちは、そのまま食べても美味しいし、
もちろんバーニャにつけてもウマウマ!Kちゃんも"素材がキレイ"と大喜び。

自家製パンこんがり焼けています。
a0137181_22493341.jpg

クラストは厚く、クラムはしっとり。
a0137181_22494554.jpg

どっしり存在感のあるパンですが、お料理と巧く調和してます。

チチカブのムニエル
a0137181_22495780.jpg

こちらの名物看板料理です。
初めてお邪魔した時にも戴きましたが、もうどんな味だったか忘れてたので(爆)
思ったよりアッサリしてて食べやすかったな。

ウニの自家製ショートパスタ カニのソース
a0137181_22535491.jpg

前回ご一緒した方が、もう片方のパスタと悩みに悩まれた挙句断念された一品。
実はわたしもコレ、ガッツリ気になっていましたよ!(笑)

豚が主役なのに、魚介のお料理も本当美味しいですね。
蟹の風味とウニの甘さ。自家製チカティエッリもつるんとした食感、
ソースとうまく乳化してます。

そして前回激腹につき、涙を飲んで見送ったリベンジ・リゾット!!
a0137181_233427.jpg

美味しいものをお腹すいてる時にガッツリ頂く幸せはこの上ありません。。

満腹、満足!!といいたいところなんですが、若干、、いえ、まだまだお腹に余裕がありまして。
a0137181_2335452.jpg

シェフの「パテあたりハーフでいっときましょか?」のお言葉に、
「いえ、全ポーションで。さらにもう一品パスタ追加で!」といいたいところでしたが
Kちゃんの「それ、お願いしま~す☆」・・ですよね。やっぱ女子は可愛くこのくらいにしとかなきゃ(苦笑)
それに、そうそうわたし、ダイエット中やったなw

ワインはボトルで白、次に赤ハーフ(カラフェ)
白はフルーティーなファランギーナ種のものを。赤はマダムにお任せ☆(失念)

やっぱこちらのお店、めちゃウマです!!!
適度な照明、適度なハコ、独特な雰囲気を醸し出してる店内の雰囲気。
今日も幸せな時間、どうもありがとうございました!!!
[PR]

by umo-pamo | 2010-01-28 23:05 | ヨッテリア・ガク
2010年 01月 28日

・・・マジっすか~?!

この日いつものようにお昼休みにシュクレまでチャリを走らせたところ、およ?商品が一つもない。
「すみません、完売しました」
ギャ~~~~、マジっすか?!?!ド平日の12:00過ぎで??!
まさかここまでテレビの反響って大きいとは!!
マスメディアの脅威を改めて思い知らされました。。
暫くの間は、シュクレパンとはお別れになりそうです(T-T)

気を取り直して、会社帰りにいざアッシュへ。
いつも18:00過ぎには殆ど商品残ってないのに、この日は割とありました。良かった!


a0137181_20533711.jpg
キュリー(カレー)に、マロンに、テ(紅茶)のパン。

さらにこの日、カフェ・ド・ヴェルサイユさんのレシピ本が発売されていたので買っちゃいました。
a0137181_20535999.jpg

早速帰って試してみたのですが・・・
a0137181_20545338.jpg

う~~~ん???ーー;
基本の配合にマヨネーズを入れるらしいのですが、マヨネーズ味が濃すぎて、
せっかくのグリュイエールの味が死んでしまってる。
実際お店で売られてる子は、こんなマヨネーズ味しなかったのに、
多分オリジナルの自家製マヨネーズでも使用されていらっしゃるんでしょう。
いずれにしても、ベースの生地をこの配合で作る事はもうないかな^^;
ただ、中に入れる具材の組み合わせはとっても参考書になります♪

レシピ本は見てるだけで楽しいのですが、今わたしにはこんなノルマも(TT)
a0137181_205565.jpg

会社で受けなければいけない通信教育’s><
ソムリエ教本も放置プレイだし、食べ歩きは暫く自粛して、お勉強に勤しまなければですね~(涙)
[PR]

by umo-pamo | 2010-01-28 20:55 | 日々の出来事
2010年 01月 25日

DAIGAKUさんでワイン会

1週間も空けずに、またまたダイガクさんでのイベントに参加してきました☆

マンボウの小腸のカツレツ 紫のマスタード
a0137181_22241491.jpg

マンボウの小腸って?!てか、マンボウすら食った事ないぞっ(爆)
食感はやはり内臓特有のくにょくにょ系。臭みナシ、どっちかっていうと、味がない?
紫マスタード、お家ご飯にストックとして置いときたい。

尾鷲よりラングスティーヌのクリュとミキュイ 甲殻類のコンソメジュレ 茴香の薫り
a0137181_22242511.jpg

1人分2尾使われているそうです。半分はさっと炙ってミキュイに、もう半分は生のままで。
ラングスティーヌのお造りはお初にいただく。
でも、皆さんの談、炙った方は、もうちょっとキツ目に炙った方が生との食感の違いが出て面白いんじゃないかと。
確かにせっかく差をつけてはるのに、違いがよくわかりません。
甲殻類のコンソメジュレは文句ナシに美味。
さて、みなさん。「茴香」は何て読むでしょう?

裏村牡蠣とピスタチオのトゥルト 黒のソース
a0137181_22245180.jpg

a0137181_22245979.jpg

最近ダイガクさん、この黒いおソースがお好きなようですね^^
確かクスクスにも使われていたような・・
みなさん、米を欲しがってらっしゃいましたが、私はパンにべっちょりつけて。
a0137181_22251941.jpg

そーいやダイガクさんとこのパンって、自家製なのかな・・・?

ピメントンを練り込んだコルツェッティ 和歌山猪の赤のラグー
a0137181_22254367.jpg

ピメントン(赤唐辛子の粉末)のコルツェッティを作る道具はコレ
a0137181_22255194.jpg

コルツェッティは知ってたけど、なかなか食べる機会ないからラッキー♪
しかし、1枚1枚がえらいデカイです^^;
a0137181_2226379.jpg


ヒマラヤトリュフを纏ったブルターニュ産プーサンのドゥミドゥイユ
トリュフのパート包み 旨味のジュで
a0137181_22262350.jpg

「こちらで~す」と持って来られたとき、皆さんお腹苦しくてちょっと引かれていました。
私は思わずニヤリ(笑)

a0137181_2226372.jpg

取り分けてもデカイですね。てか、トリュフ纏いまくりです!!
プーサンとっても柔らか。

タルトベトラブ タタン風 バニラのグラス
a0137181_22265773.jpg

ここにもまたトリュフの粉末が!!
主催者の方がご自分で漬けたトリュフワインの底に溜まったトリュフを取り出して
グラスにかけて頂いたみたいです。いや~、贅沢なデザートですなw

今回のワインはこんな子たち
a0137181_22271499.jpg

NV ボーモン・デ・クレイエール/シャンパーニュ
NV ピエール・モンキュイ/シャンパーニュ
2008 ダンジェルヴィーユ/アリゴテ
2004ドメーヌ・ドーヴネ / アリゴテ
2005シモン・ビーズ/ ブルゴーニュ・ペリエール
2001ヴァンサン・ゴードリー/ サンセール ルージュ
1994シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン
自家製トリュフワイン(ドーピングワイン)

今回もとても楽しい会でございました。
どうもありがとうございました!!
[PR]

by umo-pamo | 2010-01-25 22:33 | ワイン会
2010年 01月 24日

久々の京都

この日は約1年半ぶりに訪問の「ラ・プレーヌ・リュヌ」さん。
a0137181_12302048.jpg

変わらない位置皿。あ~、久しぶりだなって懐かしく思う。
このお店はオープン当初からのお気に入りで、割と頻繁に通っていたお店。
小バコで居心地のいいお店です。
ただ大阪市内に越してからは、なかなかご飯だけのためにわざわざ京都まで出なくなってしまったせいで、こんなに間があいてしまった。。
「全然来られないんで、忘れられたのか、事故でもされたのかと心配してましたよ」とシェフ。
いえいえ、忘れていませんよ&酔っ払いでコケてもいませんよ!(爆笑)

アミューズ
カブ、蟹、柚子
a0137181_12303173.jpg

酸味と甘みのバランスのよい、とっても食欲湧いてくるアミュです。
中には蟹身がぎっしり。
a0137181_12304432.jpg


ワインは今日は赤をメインにと決めていたので、白はグラスで我慢。
ドメーヌ・シャンソン・ヴィレクレッセ07
a0137181_12305866.jpg

マコン好きのわたしにはこちらのワインにも目がない。バランスのいいお味。

オマール、ウニ、ホタテのカダイフ包み大葉の香り
a0137181_12312193.jpg

下に敷いてあるのは自家製タプナード

丹波鶏、フォアグラ、冬野菜のテリーヌ アンディーブ添え
a0137181_12313047.jpg

フォアグラのロワイヤルとどっちにしようか迷った結果、シェフに任せたらこっちを。
上にかかっている白いソースは玉葱。アンディーブの食感もいと宜し。

三重県尾鷲のスズキのソテー 春菊のソース
a0137181_12341058.jpg

柚子、大葉、春菊などを使うのは、やはり京都という土地柄でしょうか。
個人的には、フレンチに和素材使われるのはNGなんですが、
それでもこちらの春菊のソースは魚の出汁をしっかり使ったフォンをベースとしているのか
とてもまとまりのある味になっています。鈴木くんの火入れもグット。

赤はNちゃんにお任せ。
a0137181_1232044.jpg

やっぱわたしは赤ならイタリア派かな!

美山産 鹿の小さなトルテ ソースポワブラード
a0137181_1232865.jpg

パイ生地の中に鹿の肉や内臓を2日間マリネしたものを詰めて焼き上げてあります。
少しクセがあると聞きましたが、私には全く感じられなかった。

で、こちらが本日のメイン・ジビエの猪。
a0137181_12321639.jpg

この猪、とっても状態のいい子だそうで、これは頼まなきゃと即決定。
が、部位によって味わいが少し変わるとのことで、プラス料金で背肉の方をチョイス。
せっかく来たんだもんね~
全く臭みナシ!肉質柔らかジューシー、実家の近くを走り回ってる子もこんな美味しいイノシシくんならいいんだけどな~(ありえない)

デセールはNちゃん共々「要らないね」との意見一致。
a0137181_12322720.jpg

おっと、決して不味いというわけではないんですよ!!
あくまで2人ともデザートは別腹でなく同腹なだけで^^;

あ、ここのミニャのフィナンシェだけは好きなんです☆
てか、フィナンシェ自体が好きなのかも。
a0137181_12324073.jpg

Nちゃん、もうごちそうサマにつき、Nちゃん分お持ち帰りいいですかと確認したら、
「もちろん」と奥で包んで来てくれました。家に帰ってあけてみたら、1個→4個に。ヤッタネ!!
やっぱたまには京都も来なきゃな~。えっと、今日もご馳走様でした!!
[PR]

by umo-pamo | 2010-01-24 12:35 | プレーヌ・リュヌ
2010年 01月 23日

温度の感じられるお店

この日は急にお誘いを頂き、淡路町のヨッテリア・GAKUさんに行ってきました。
GAKUさんは、OPEN当初行って以来再訪したいと思いつつ行けてなかったお店の一つ。

店内のあらゆるところに豚さんの置物がたくさん。癒されます^^
a0137181_2131956.jpg


時間が遅かったせいもあり、ガッツリ食事済ませてしまった後だったので、
ご一緒した方のお料理を隣でちょこちょこ摘ませてもらう^^;
menuはどれにしようか迷ってしまうほど魅力的なmenu名が並んでいます。

こちらは本日のオススメ料理
a0137181_2133572.jpg

迷いに迷われた模様^^;やっとこ注文完了です☆
でも、こうしてmenu選ぶ時間ってとっても幸せな時間なんですよね。

ホタテの温製サラダ仕立て ウニとトリュフバター添え
a0137181_2059441.jpg

ホタテの火入ればっちりです!トリュフバターも一口頂いただけで、
ものすごいトリュフ香が薫る。しまった!!やっぱ我慢してお腹すかせとくんだったな~><

ワインは別腹なんでガッツリ頂きます!本日のグラスの白は2種。
ベルナッチャとトスカーナの・・何だっけ。。どっちもいただきました!
(一人で飲んでしまってスミマセン><)

自家製パン
a0137181_20593016.jpg

バケットともフォカッチャとも違う、でも確かにイタリアっぽいパン。
一切れしか食べれなかったけど美味しかったです!

トリッパのグラタン
a0137181_20594528.jpg

トリッパって、もっとぐにょってしたイメージあったんですけど、
こちらはまるでイカみたいな食感で、ちょっとクセになっちゃう味。

くんせいしたアン肝とあさりのパスタ
a0137181_21031.jpg

セレクト時から燻製したアン肝がわたしのハートを射止めました(笑)
結果めちゃウマです。
アン肝を瞬間燻製させるアイデアにも脱帽ですが、
こんな小さな厨房で良くシェフ1人でこんな凝ったお料理提供できるな~とひたすら感心。

パスタはヴェスビオという珍しい形のショートパスタ。
a0137181_2102168.jpg

ソースのエキスをしっかりと受け止めてくれてます。

フォアグラのポワレと豚のガツのパネのリゾット
a0137181_2121618.jpg

menu名曖昧です。メインのボリュームを持つプリモはわたし好みのガツン系。
あ~、お腹をすかせて来なかった自分が憎らしい(苦笑)

デザートは摘むの控えました^^;
a0137181_2124224.jpg


正直ビックリしました。
以前来た時も漠然と美味しかったイメージはありましたが、
今回訪問してみてそのイメージよりも遥かに上だった。
しかも、空腹時ではないというのに、この感動は一体何なんでしょう?!
ご一緒した方曰く、このお店には温度(熱さ)があると。
うまいものを食わせてやろう。それには労力なんて惜しまない、
そんな心意気が料理だけでなく、お店全体から伝わってきます。
なるほど、温度のあるお店とはこういうお店を指すのですね。
シェフもマダムも、とても感じのいい素敵な方でした。
きっとこれも温度を感じる大きな要因だと思います。
 
それにしても、こんな素敵なお店の存在に気づかせていただき、
お誘い本当にありがとうございました☆
近いうちに今度はガッツリお腹をすかせて再訪しようと心に決めた夜でした。
[PR]

by umo-pamo | 2010-01-23 21:04 | ヨッテリア・ガク
2010年 01月 23日

シュクレの鴨サンド

先月頭からラインナップに加わったカスクルートの「カナールロティ」
発売当初から狙っててようやくGET!(前回は前のお客さんが鬼買しててsoldout!涙)

a0137181_0364156.jpg

鴨ブ厚い!ボリューミーでこれだけで十分満足な食べ応え。

a0137181_0363016.jpg

他には、サンクディアマン、カフェノワール、ショコラ、ポムドテール、金柑のパン等々、、
友達に頼まれた分必死で選んでたら自分の分買い忘れました!(*-*)おバカ~

シュクレさんと言えば、本日の朝9:55から放映される
「週末の探検家~夢羅針盤~」(朝日放送)に岩永シェフが出演されますよね。
シュクレファンの方必見!!、、って今からゆーても遅すぎですかね(笑)

あ~眠い。。おやすみなさい☆
[PR]

by umo-pamo | 2010-01-23 00:49 | 日々の出来事
2010年 01月 21日

DAIGAKUさんで本場ビストロの味を

ダイガクさんで恒例イベントになっているビストロ会。
関西に(日本に)真のビストロの姿を伝えようとの想いで発足され、料理やパンやデセールに至るまで、フランスに精通した巨匠シェフたちが腕によりをかけて造り上げたお料理たちが頂けるというフレンチ好きにはたまらない会であります。
この日は第6回目で、今回のテーマはアルザス。
アルザスの地方料理と言えば、キッシュにシュークルトに、ワインはゲヴェルツにリースリングに、、、想像するだけで楽しみすぎます♪

ほぼ一番乗りで受付を済ませる(笑)
アペはアルザスらしくKronenbourg
a0137181_20292527.jpg

一番最初のお料理に合わせるので少し残しといてくださいねと注がれたのに、目の前にあるとつい飲み干してしまう(苦笑)

みなさん揃ったところでお待ちかねの最初のお料理
a0137181_228445.jpg

シュクレさんのタルトフランベです。
お店で売られてるタルトフランベ(大好きです)はもっと厚いパン生地なのですが、
アルザスで売られているタルトフランベとは本来はこのくらい薄い生地なんだとか。

お次はクグロフサレ
a0137181_21133390.jpg

なんだかクールっぽいカタチですね(笑)
ケークサレは良く作りますが、クグロフサレは初めて食します。
ケークサレよりしっとりしてて美味。中に入ってるキャロットラペで彩りもキレイ。
タルトフランベもクグロフサレも冷たい状態で供されたので、後で岩永シェフに
「あれは冷たくして食べるものなんですか」と聞いたら、本来は温めて欲しかったと(笑)
お持ち帰りにして温めたものも食べてみたかったな~

ビエールの後は待ってましたのワイン
Trimbacb Gewurztraminer '06
a0137181_21145594.jpg

同席になったビストロ会1~6全て皆勤賞のMちゃんの憧れのワインとか。
写真撮る前にソッコーでエチケット剥がされちゃったんで(笑)
隣のテーブルの子をパチリ

さて、次なるお料理は・・・
a0137181_21151849.jpg

ひょ~~~!grand!!!!もちろん切り分け前ですが。
こちらが切り分け後の画像
a0137181_21254558.jpg

a0137181_2118992.jpg

トリュフ入りフォアグラのパテアンクルート コンタッド風
真ん中にはフォアグラのテリーヌ、その周りを和歌山のイノシシくんをはじめ色々なお肉入りのパテが囲み、
そしてさらにパイでアンクルート!!
お皿からはみ出すこのボリュームこそまさにビストロの醍醐味。
味も見た目も素晴らしすぎです。参加してよかった~!

既にワインは2本目に突入
Hugel Sylvaner '07
a0137181_21261520.jpg

アルザスのワインは辛口でも全体的にほんのり甘みの感じられる上品なワインが多い。
辛口のワインが苦手な子でも、比較的飲みやすいと思います。
特に香りが格別にグット!ナイススメールです。
因みに今回は全て白だそうです。若干アルザスのピノも飲んでみたかったんだけどな。

続いての登場は再びシュクレpain
a0137181_21265222.jpg

丸いのが玉ねぎ入り。
どちらも見た目はシンプルなのですが、食べるとしっかり存在感のある子たち。
これだけでワインもっとガッツリ飲みたい(笑)
a0137181_212784.jpg

こちらは付け合せに登場したポワローのヴィネグレット
ヴィネグレットの程よい酸味とポワローの甘み。絶妙です。

スパッツェレを浮かべた野菜のスープ
a0137181_2291964.jpg

次なるメインに備え、お口直しになるような優しいお味。
まるでアルザスのご家庭での団欒が思い描けるようです。

さて、いよいよメイン登場
お約束のシュークルート・ガルニ
a0137181_21455035.jpg

a0137181_2295997.jpg

ガッツリ来るやろな~と想像はしていましたが、ど~ですか?このボリューム^^;
メツゲライの楠田シェフ渾身の作品!!
こんなに本格的なシャルキュトリーは、本場に行かない限りなかなか口に出来ません。
ゆえ、夢中でギャートルズになりました^^;お芋も皮つきで男前だ~
皆さんアルミホイルにくるくるしていましたが、ガッツリ完食(笑)
a0137181_21464483.jpg

さらにシュークルトに合わせるシュクレパンもガッツリと完食(笑)

Valentin Zusslin Riesling "Clos Liebenberg" '05
a0137181_2147273.jpg

美味しいリースリング。シュークルトやパンに見事にマッチ

デセール
a0137181_21472370.jpg

さすがにデセールはちょっと苦しかったですが、
ラムをどっぷりかけて大人のデザートの完成~で、完食!!
最後に頂いたデザートワインはこちら
CristianBinnerのRiesling Kafferkopf "vendanges Tardives" '98
a0137181_21473699.jpg

食後酒まで頂く機会があるのは、こういうイベントの時ならでは。
a0137181_21474545.jpg

残念ながらミニャだけは残してしまった(TT)

実に美味しく楽しい会でした☆
皆勤参加したくなるのもわかるな~
それにしても、皆さん満腹で帰って行かれる中、むしろちょうど良かった私- -;
お持ち帰りで次の日お家でビストロ会する予定も崩れ、用意周到で持参したタッパも日の目を浴びることは出来ませんでした(涙)
密かに試みてるダイエットは果たしていつになったら成功するのやら・・・
[PR]

by umo-pamo | 2010-01-21 21:47 | ビストロ会
2010年 01月 17日

ワインのお勉強

イタリアワインが全くわからず、急に学習意欲が湧いてソムリエ志望のYちゃんを急遽呼び出し(笑)おととしのソムリエ教本を借りました。
a0137181_19454795.jpg

この教本、ソムリエ試験受ける際、受験票とセットにして買わされるんですーー;
つまり受かるまでほぼ同じ内容の教本が毎年溜まってくるわけで。
ちょっとぼったくりですよね(苦笑)
更に昨年からこんなDVDまでついてくるようになったらしい(笑)
a0137181_19463398.jpg

田崎真也さんと綺麗なお姉さんがワインを飲みながら対談するだけです。
これは、果たして試験対策になるのでしょーか?
わたしは今のとこ試験受ける気ありませんが(=受かる自信がありませんが)
それにしても、ワインって難しい。
やっぱり身体で(舌で)飲むしかありませんね~、、ってノムリエやん^^;
a0137181_1948464.jpg

そんなわけで、この日もソムリエ志望のYちゃんとデイリーワイン呑み呑みな夜でした(笑)
[PR]

by umo-pamo | 2010-01-17 19:49 | 日々の出来事