ワインのない食卓は太陽のない1日と同じだ

ville.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ビストロ会( 5 )


2011年 03月 08日

第10回ビストロ会 ~リヨン地方~

ここ最近急激にアルツの進行が早まったワタクシです。

ほんの1週間前に食べたものすら、画像見返しても「・・・え~~っと、、、、--;」と止まってしまう。

一説では、「単に酔っ払って何食べたか覚えてないだけでしょ?」と突っ込まれたりもしますが(爆)

というわけで、日付順に拘らず、記憶が鮮明なうちにとっとと載せちゃう戦法にしました!

ホットな昨日のおはなしです。

第6回目から欠かさず参加しているビストロ会も、昨日でちょうど10回目を迎えました。

記念すべき10回目の今回のテーマは、原点に戻って「リヨン地方」

そう、美食の国「リヨン」は食いしん坊さんなら誰しも行ってみたい憧れの地ですよね^^

入店までまだ時間あるしって、同伴のtomoと芦屋のK美嬢家に連れ込み、余裕かまして
カケツケポンってたら、なんとギリギリ入店となる(*-*)

お酒の威力って、時間を忘れさせるから恐ろしい・・・

着席後、待ち構えていらっしゃったかのように泡を注いで下さるスタッフさん。
a0137181_22264571.jpg

a0137181_2237344.jpg

ついさっきまでも、泡飲んでました!ともよう言えない。

シュクレさんのパンと共に運ばれてきたのは、「セルヴェル ド カニュ」
a0137181_22282028.jpg

a0137181_22282939.jpg


セルヴェル=フランス語で脳みそ(一応食単語はだけは覚えてるワタシ)
ぎょぎょ~!しょっぱなからごっつい珍味持って来はるな!!と一瞬ビビりましたが、
何のことはない、パンに良く合うフロマージュブランでした(^-^;ホッ

カニュ(リヨンの絹織職人)が良く食していたものだそうです。色と食感が脳みそに似ているから
そう名づけられたそう。でも、似てるかぁ~?--;

そーいや、ヌーパピさんで良く出てくるお料理だわ。

続いて、クスダさんの秀作「シャルキュトリ4種盛り」
a0137181_2238484.jpg

+ソーシッソン・セッシュ
+ロゼッタ
+蝦夷鹿のソーシッソン・セック
+但馬牛の生ハム

手前から二番目の、白カビで熟成させた子がイチバンウマウマでした^^
因みに写真は4人前。これぜんぶ1人で独占できたらシアワセですね!!

シャルキュトリに合わせて、別の子登場
a0137181_22413847.jpg

・・えっと、栗入り、、だったかな・・・--;

泡の後は、大好き「マコン」
これも、ヌーパピさんで良く飲む子です。
a0137181_22424111.jpg


タブリエ・ド・サプールとピサンリのサラダ
a0137181_2243598.jpg

リヨンの名物郷土料理「牛胃のカツレツ」
下処理バッチリ、臭みなく食べやすい。
添えられてるのは、ピサンリというタンポポを軟白栽培した野菜。
以前のビストロ会でも出てきて、前回は干し草を食すウマのようにわっさりと戴いた気が。
ラヴィコットソースもウマー!!

玉葱のスープ
a0137181_22475938.jpg

飴色通り越して「濃茶色」です。アマアマで旨みたっぷり。
でも、このへんで皆さんお気づきかもですが、今回どのお料理もいつもより小ぶりです。

なので、皆さんいつもよりパンも完食されてました。
a0137181_22503813.jpg

このまぁるいころっとした形状の子に乙女(疑)心擽られるのだ(*^^*)

鶏肝のガトー仕立て
a0137181_22515619.jpg

リヨンの郷土料理の中では、上位に入る好き好き度。
同じ鶏肝のガトー仕立てでも、ラシームさんとこのん とは見た目もお味も全く違います。
どちらも大変美味しかったですけど。
ルージュのソースが美しく、これまた食欲そそりまくり!

いよいよ最後のメイン登場
a0137181_2254386.jpg

今回のメインは猪くんです。付け合せのジャガイモもウマー

a0137181_22573295.jpg

うっとりしちゃうほどキレイなロゼ色

お肉のロゼ色と、きみどりのコントラストも春を彷彿させて美し哉!
a0137181_2259078.jpg


ポーション抑え目のおかげか、デセールも楽勝です^^

リヨンの伝統のお菓子が2種

ブーニュ
a0137181_2302938.jpg

揚げドーナツな感じ

クッサン・ド・リヨン
a0137181_231986.jpg

見た目、あんこをくるんだヨモギ餅チックですが(笑)
ガナッシュをマジパンでくるんだコンフィズリーだそうです。
リヨンにあんこ登場しちゃびっくりだもんね!

a0137181_2354147.jpg

画像撮り忘れちゃったけど、ワインは全部で4種類。
正直もっと、ヴァンドペイが出てくるかなって思ってたんですが、
どれもそこそこ良いワインだった思います。

「ビストロ会」は、いつも「食べ切れない」印象ですが(ワタシは毎回完食だけど)
今回の量は、パンからデザートまで苦しくなく戴けて良かったのではと思います。
ビストロの基本「ドゥ・プラ」をこんな風にデキュスタシオンにしちゃうと、どうしても量少なくしないと
ドエライことになっちゃいますもんね。

お料理全品からパン、デザートに至るまで、バランス良く美味しく戴けました^^

ワイン会にしろビストロ会にしろ、お料理以外のもう一つの魅力は、
同じテーブルになった初対面のお客さんとも知り合いのようにワイワイ楽しくお喋り出来ること。
美味しいものを食べてると、人間やっぱりみんな「笑顔」になりますし、その「美味しい」を
共感出来る人たちと楽しい時間を過ごせることも、とっても魅力的な事だと思うんです(*^-^*)
それに、今回たまたま隣の席になった方とは、とっても意気投合しちゃって、
その場で来月レッスンのお申し込みも戴き、ひとときの会の中だけでなく、
今後別の場所でもお会いできること、そんな素敵な出会いのチャンスを与えてくれること自体も
私にとってはとっても大きな魅力の一つなのです☆

主宰者のみなさま、ご参加されたみなさま、楽しい・美味しい時間をありがとうございました☆

Nちゃん、来月レッスンでの再会を楽しみに待っとるけん(*^-^*)
[PR]

by umo-pamo | 2011-03-08 23:21 | ビストロ会
2010年 11月 20日

ビストロ会@ロワール編

今回のテーマはロワールです。
どんな地方料理なのかさっぱり検討がつきません。

とりあえず、メインの野うさぎちゃんがお目当てです(笑)

前菜はクスダさんの・・・
a0137181_21352634.jpg

ぎょぎょ~~~!!いきなりメインっすか?!なガッツン度。

さらにこちらも前菜
a0137181_21375545.jpg


最初のが「リヨン」、次の子は「リエット」

そしてこれらに合わせた岩永シェフのパン
a0137181_21385661.jpg


もうこれだけで十分御馳走&大満足です(笑)

えっと・・でも、お目当てのリエーブルいただかなきゃ!

栗のポタージュ ジンジャー風味のパンを添えて
a0137181_21401435.jpg

栗って実はあんまり好みでない食べ物なんですけど、ポタージュとかピュレとかは大好き。
栗は味じゃなくって、あのモソモソした喉越しがダメなんでしょうね^^;
卵も大好きだけど、ゆで卵の黄身はダメ、みたいな。

この私が今日はここらで結構お腹満足してきちゃいました。
とにかくあの前菜が効いてる(笑)

が、しかし、こんな段階で満腹になってる場合じゃありません!

ぎょぎょ~~~その2!
a0137181_21453846.jpg

なんか、フランス古典料理の本で見たことあるようなないような・・・

雉のシャルキュトリーズ
a0137181_21463227.jpg

a0137181_21464359.jpg

雉ってアッサリしてるけど、弾力も風味もきちんとあって美味しいですよね♪
てか、間違いなくコレ、美味しかったです。

このシナモン利いたパンも美味しかったぁ~
a0137181_21515585.jpg


そろそろリエーブル来ないとヤバイっす!なとこへ
a0137181_21531450.jpg

サーモンのポワレ ブールブランソース

めっちゃ好きなんですけどね、めっちゃ美味しいんですけどね。
お腹が・・・(涙)

a0137181_21544841.jpg

このパンもめっちゃ美味しかったんですけど、苦しい。。
ああ、これぞ満漢全席(笑)

そしてそして、満を持しての野うさぎちゃんのご登場!!!
a0137181_2159331.jpg

みなさんお腹をさすりながらも、目がランランと輝いてる。やっぱグルメの集まりだ(笑)
さすがジビエの女王、リエーブル。香りがすごい。
でも、さすがは手島シェフ。下処理が入念でとても食べやすく美味でした。
リエーブルはジビエの中でも群を抜いて独特の臭みがあるので下処理ヘタやと
ふ0を食べてる感じになるんです。。(汚い表現でごめんなさい)
リエーブルの入荷自体も困難だったと、ダイガクさんが一生懸命力説されてました(笑)

ガルニの森の茸ともベストマッチ
a0137181_22593517.jpg


サイゴのプラム?入りのパンもリエーブルに良くマッチしてました。
a0137181_2352093.jpg


デセールはクレームダンジュ
a0137181_2355161.jpg


「でかっ!!」551の豚マンくらいの大きさはありましたw
もうギブです・・ごめんなさい><
でも、これすごく美味しくて、半分は戴きましたよ^^

ほんと、お腹はちきれそうでした・・・
でも、何だかんだ言いながらも、サイゴのパンを半切れお持ち帰りしただけで、
デザート以外は全て完食しましたけど^^;
クレームダンジュも固形ならぜひお持ち帰りしたかったんだけどなぁ~~。
a0137181_23204956.jpg


各分野のスペシャリストシェフ達が競演するこちらの会は、
量もスゴイけど、それ以上に味が半端なく美味しい。
それだけ皆さん全力投球で作られてるんやと思います。
食べ手のこちら側も、全力で味わって食べなきゃって、毎回思わされます。

こんなステキな会が、どうか末永く続きますように・・・(*^-^*)←私の食欲も半永久的なのか?!
[PR]

by umo-pamo | 2010-11-20 23:13 | ビストロ会
2010年 07月 26日

パリ祭だ、わっしょい^^

7月12日、本場parisより2日先行したfeteが安土町のパリで開催されました。
大親友のNちゃんは、本場parisでのfete楽しんで来た模様ですが(羨)
ビストロ会への参加はこれが3回目。
毎回とても楽しませてもらってますが、今回はフェットってことで、通常のビストロ会とは異なった趣向。

さてさて、潜入です!
a0137181_6305373.jpg

朝から大雨のこの日でしたが、会がスタートされる頃には雨もすっかり上がり心地のよい天気。
みなさん晴れ男晴れ女のようですなぁ~^^

エントランスでは、多数のワインたちが、ヌーパピのスタッフさんが笑顔でウエルカムしてくれます^^
a0137181_6323396.jpg

a0137181_63221100.jpg


豚さんと一緒に乾杯~☆
a0137181_6331141.jpg


さぁ、食べるぞ!!と勢い良く中に入るも・・既に店内すごいお客さんの数(*-*)
総勢80名ゆーのは聞いてたけど、これでも結構早く来た方だと思ったのになぁ~。。
テーブルに盛られた魅力溢れるパンやお料理の画像を撮ってるうちに、あれ?お皿空なんですケド(苦笑)
様子を見てると、新しいお料理が運ばれてくるや否や、争奪戦ですぐにお皿は空っぽに。。
まさにサバイバル!!
そうなんです、今回のビストロ会は、立食ビュッフェ形式。
そして今回気づいたことに、このスタイルは最も不得意なジャンルでした(笑)
昔から椅子取りゲームやフルーツバスケット(懐)はとってもニガテなどんくさい子でしたから^^;
加えて、立ち飲みゆーのも案外苦手でした(いっつもキッチンドランカーで立ち飲みやってるのにw)

しかも、食べるより優先して撮った写真たちなのに、見事にブレブレやし^^;
(ヌーパピさんの店内照明は綺麗に撮るのが難しいです!←言いわけ?笑)
a0137181_637467.jpg

シュクレさん×クスダさんコラボの3種のカスクルート
(1種類しか食べれなかったけどめちゃめちゃ旨かった!)
a0137181_638161.jpg

クスダさんのシャルキュトリー盛り
a0137181_6381927.jpg

クスダさんvsTッシーさんのパテ対決!(甲乙つけがたかったけど、私的にはTッシーさんに一票^^)
a0137181_710142.jpg

クスダさんの超ウマウマ焼き豚☆は、楠田さん自らサーヴして戴きました♪
a0137181_6431452.jpg


コチラも写真だけで食べれなかったなぁ~(TT)
a0137181_6441894.jpg


あ、でもでも、今日はビストロ会発起人であるLさんのお料理だけは絶対戴きたくて!

写真より先に争奪しました(^^)v
てっきりカレーライスやと踏んでいたので(カレー味なんですケド)
こんな美しいお料理が出てきてビックリ!見た目だけでなくもちろんお味もばっちグーでした☆
a0137181_6535077.jpg

聞けばランブロワジーさんのスペシャリテなんですってw
本場もんも食べてみた~い♪

今回は主催者サイトのシェフさんたちも、お客さんに混じってみんなでお祭騒ぎ^^

和歌山の2大巨匠シェフの2ショット(いい顔してはります!)
a0137181_6574122.jpg

、、あ、和歌山遠足の際は、どうぞよろしくお願い致します(*^^*)

いいですよね~、こういうの。まさに「お祭だ~!」って感じの夜でした☆
次回のビストロ会(10月?!)も心待ちにしております♪

<番外編>
パリ祭であまりがっちゃん出来なかった反動からか、後日ヌーパピさんのオードブル盛りを頼む(笑)
a0137181_6592242.jpg

評判聞いてて、ぜひ食べてみたかったんだよね~。
パテにテットドフロマージュにタコとラタトゥイユにリエットに。。盛りだくさん過ぎて嬉しくなっちゃう^^
もちろん、誰にも争奪されることなく、しっかりがっちゃん出来ました(笑)
[PR]

by umo-pamo | 2010-07-26 07:02 | ビストロ会
2010年 04月 19日

#7ビストロの会~イル ド フランス編~

前回はじめて参加してすっかりハマってしまったビストロ会。その第7回目となる今回も再び参加♪
今回のテーマはイル・ド・フランス。パリとその周辺都市だそうです。
いくつかは行った事のある地域なので、これまた楽しみ倍増☆

入り口でペティアンのロゼのお出迎えを受けます。
a0137181_20502627.jpg


入り口すぐのコントワーには、本日のお料理に合わせるシュクレクールさんのパンが豪華絢爛に勢揃い!
a0137181_20503881.jpg

a0137181_2113549.jpg


まずひとしな目のお料理は、ポタージュ・サンジェルマン
a0137181_2125523.jpg

実際はすっごく綺麗なうぐいす色なんですけど、パリのビストロ情緒溢れるヌーパピさんの照明下では、
私ごときのカメラと腕ではホンモノの色は出せない。
添えられてるのは桜海老とピメントを練り込んだバケット。
桜海老の風味とピリっとしたピメントが、ポタージュの美味しさをさらに引き立ててくれます。
にしても、このカップ、底が深くてなかなか飲みきれません(笑)

バゲット・モンジュ
a0137181_213477.jpg

サーヴされてるとき、みなさん「おぉっ!」って歓声をあげてはりました。
どうやらスペシャリテみたいですね。
この切り方、初めて頂きますが、この切り方が一番バゲットの持ち味を引き出せるそう。

アランのオイル漬け
a0137181_2131414.jpg

アランとはニシンのこと。ニシンは、蕎麦でしか食べた事ない気が^^;
同テーブルのみんなで仲良くお取りわけなんですケド、いざ自分のお皿に取ってみると・・
a0137181_2141255.jpg

「・・・デカっ」
当然、嬉しい悲鳴ですけど^^
クルーゼのテリーヌ型は、こんな風に大皿代りにもなるんやね~

お次の登場は、これまたお皿にはちきれんばかりの量!!
ホワイトアスパラのミモザ風 ピサンリとポワトリーヌ・フュメのヴィネーグル
a0137181_2142175.jpg

フランス料理の専門書では幾度と見て一度は食べてみたかったピサンリ(西洋タンポポの葉)!
ここで出会えるとはテンション上がりまくりで、ついついワインも進む(笑)
ピサンリに絡んでるベーコンは、クスダさんとこの熟成ベーコンでさらに旨味に拍車かかる。

野菜のタブレ メルゲーズ添え
a0137181_2163366.jpg

初めて頂いた「メルゲーズ」 エスニック的な味がかなり好み!!
お1人様1本ずつなんですけど、もっと食べたかったなぁ~(笑)
タブレの固さも好み!

ニョッキ・パリジェンヌ
a0137181_2164727.jpg

これまた初めて口にするお料理。イタリアのニョッキとは味もカタチも全くの別物です。
口いっぱいに広がるグリュイエールの風味、ニョッキに合わせるポムドテール。
ずっしりお腹に来るボリューム感です。

飲み過ぎ(?)のせいか、途中でトワレットに行き一時退席。
その間にメインが登場しちゃってた。
ナヴァラン プランタニエール
a0137181_2193179.jpg

不在中、気を利かせて撮影してくれた同テーブルの方たちに感謝!(笑)
ナヴァラン大好き!!子羊の旨味が春色のお野菜たちにもたっぷりと染み込んでて
これまたずっしりお腹に来るけど大満足な一皿。

こちらも退席時に撮っていただいてた子羊丸焼き。
a0137181_2194018.jpg

を切り分けた図。
a0137181_2195093.jpg

ナヴァランとはまた違ったお味で楽しめますが、さすがにモーお腹いっぱい。
皆さんよりも確実にパン食べ過ぎなのと、お隣の小食なご夫婦が、わたしのガッチャンぶり御存知でとっても多目にお皿に取り分けていただいたので(笑)

さくらんぼのクラフティ イル・フロッタント
a0137181_2195867.jpg

それでもしっかりデセールまで頂きました。
ただ、フロッタント(メレンゲみたいな白いやつ)はちょっと苦手系でした~

エスプレッソとマカロンで〆
a0137181_2110753.jpg

こういう会でしかお目にかかれないようなお料理たちにたくさん出会えて至極満足できました。
食に(ビストロに)興味のある方たちと談笑しながらお食事楽しめるのも大変魅力的☆
また、次回もぜひ参加させて頂きたいです。
この日は空気読めず、遅くまで長居してしまってごめんなさい。
次回以降気をつけますのでこれからもどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]

by umo-pamo | 2010-04-19 21:12 | ビストロ会
2010年 01月 21日

DAIGAKUさんで本場ビストロの味を

ダイガクさんで恒例イベントになっているビストロ会。
関西に(日本に)真のビストロの姿を伝えようとの想いで発足され、料理やパンやデセールに至るまで、フランスに精通した巨匠シェフたちが腕によりをかけて造り上げたお料理たちが頂けるというフレンチ好きにはたまらない会であります。
この日は第6回目で、今回のテーマはアルザス。
アルザスの地方料理と言えば、キッシュにシュークルトに、ワインはゲヴェルツにリースリングに、、、想像するだけで楽しみすぎます♪

ほぼ一番乗りで受付を済ませる(笑)
アペはアルザスらしくKronenbourg
a0137181_20292527.jpg

一番最初のお料理に合わせるので少し残しといてくださいねと注がれたのに、目の前にあるとつい飲み干してしまう(苦笑)

みなさん揃ったところでお待ちかねの最初のお料理
a0137181_228445.jpg

シュクレさんのタルトフランベです。
お店で売られてるタルトフランベ(大好きです)はもっと厚いパン生地なのですが、
アルザスで売られているタルトフランベとは本来はこのくらい薄い生地なんだとか。

お次はクグロフサレ
a0137181_21133390.jpg

なんだかクールっぽいカタチですね(笑)
ケークサレは良く作りますが、クグロフサレは初めて食します。
ケークサレよりしっとりしてて美味。中に入ってるキャロットラペで彩りもキレイ。
タルトフランベもクグロフサレも冷たい状態で供されたので、後で岩永シェフに
「あれは冷たくして食べるものなんですか」と聞いたら、本来は温めて欲しかったと(笑)
お持ち帰りにして温めたものも食べてみたかったな~

ビエールの後は待ってましたのワイン
Trimbacb Gewurztraminer '06
a0137181_21145594.jpg

同席になったビストロ会1~6全て皆勤賞のMちゃんの憧れのワインとか。
写真撮る前にソッコーでエチケット剥がされちゃったんで(笑)
隣のテーブルの子をパチリ

さて、次なるお料理は・・・
a0137181_21151849.jpg

ひょ~~~!grand!!!!もちろん切り分け前ですが。
こちらが切り分け後の画像
a0137181_21254558.jpg

a0137181_2118992.jpg

トリュフ入りフォアグラのパテアンクルート コンタッド風
真ん中にはフォアグラのテリーヌ、その周りを和歌山のイノシシくんをはじめ色々なお肉入りのパテが囲み、
そしてさらにパイでアンクルート!!
お皿からはみ出すこのボリュームこそまさにビストロの醍醐味。
味も見た目も素晴らしすぎです。参加してよかった~!

既にワインは2本目に突入
Hugel Sylvaner '07
a0137181_21261520.jpg

アルザスのワインは辛口でも全体的にほんのり甘みの感じられる上品なワインが多い。
辛口のワインが苦手な子でも、比較的飲みやすいと思います。
特に香りが格別にグット!ナイススメールです。
因みに今回は全て白だそうです。若干アルザスのピノも飲んでみたかったんだけどな。

続いての登場は再びシュクレpain
a0137181_21265222.jpg

丸いのが玉ねぎ入り。
どちらも見た目はシンプルなのですが、食べるとしっかり存在感のある子たち。
これだけでワインもっとガッツリ飲みたい(笑)
a0137181_212784.jpg

こちらは付け合せに登場したポワローのヴィネグレット
ヴィネグレットの程よい酸味とポワローの甘み。絶妙です。

スパッツェレを浮かべた野菜のスープ
a0137181_2291964.jpg

次なるメインに備え、お口直しになるような優しいお味。
まるでアルザスのご家庭での団欒が思い描けるようです。

さて、いよいよメイン登場
お約束のシュークルート・ガルニ
a0137181_21455035.jpg

a0137181_2295997.jpg

ガッツリ来るやろな~と想像はしていましたが、ど~ですか?このボリューム^^;
メツゲライの楠田シェフ渾身の作品!!
こんなに本格的なシャルキュトリーは、本場に行かない限りなかなか口に出来ません。
ゆえ、夢中でギャートルズになりました^^;お芋も皮つきで男前だ~
皆さんアルミホイルにくるくるしていましたが、ガッツリ完食(笑)
a0137181_21464483.jpg

さらにシュークルトに合わせるシュクレパンもガッツリと完食(笑)

Valentin Zusslin Riesling "Clos Liebenberg" '05
a0137181_2147273.jpg

美味しいリースリング。シュークルトやパンに見事にマッチ

デセール
a0137181_21472370.jpg

さすがにデセールはちょっと苦しかったですが、
ラムをどっぷりかけて大人のデザートの完成~で、完食!!
最後に頂いたデザートワインはこちら
CristianBinnerのRiesling Kafferkopf "vendanges Tardives" '98
a0137181_21473699.jpg

食後酒まで頂く機会があるのは、こういうイベントの時ならでは。
a0137181_21474545.jpg

残念ながらミニャだけは残してしまった(TT)

実に美味しく楽しい会でした☆
皆勤参加したくなるのもわかるな~
それにしても、皆さん満腹で帰って行かれる中、むしろちょうど良かった私- -;
お持ち帰りで次の日お家でビストロ会する予定も崩れ、用意周到で持参したタッパも日の目を浴びることは出来ませんでした(涙)
密かに試みてるダイエットは果たしていつになったら成功するのやら・・・
[PR]

by umo-pamo | 2010-01-21 21:47 | ビストロ会