ワインのない食卓は太陽のない1日と同じだ

ville.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:オテル ド ヨシノ( 2 )


2011年 01月 27日

2011食べ初めフレンチ@オテルドヨシノ

本日、マツ毛エクステなるものに初挑戦!!

生徒のIちゃんにつけマツ毛戴いたものの、何度やってもIちゃんみたいに上手くつけられなくって(>-<)

んでもって、マツ毛エクステ、かなり良い感じです↑↑↑

おめめパッチリ!女子力アップ!!!(笑)

つけマツ毛より自然っぽいのも魅力☆

皆さんもぜひお試しを!(男子の皆さんは真似しないでね・笑)


さて、チラっと予告紹介しておりました食べ初め画像。

数名の方からは「あそこ?」ってご名答いただき・・やっぱ皆さんわかるんですね!

a0137181_21323034.jpg


ハイ。また和歌山まで遠征行って来ましたよ!

夏に伺ったときに、「僕はジビエ料理が得意なんです」と豪語されていた手島シェフ。
「それなら次はジビエの時期にお伺いします」と約束しての再訪。

この日は成人式で、和歌山の町は20歳のワカモノで賑わってました。

a0137181_21352267.jpg


あ。。ピンボケ・・・

振袖ギャルの間を潜り抜けてお店に向かってる途中、
「きっと傍から見たら、ワタシはこの子たちの保護者に見えるんだろうな・・」とふと寂しくなった(笑)

ささ、余談は置いといて、素晴らしいお料理の数々を^^

a0137181_21374667.jpg


高い建物がないせいか、自宅より階数低いのに、めっちゃ高層に感じる・・

新年明けましておめでとうございま~す♪のシャンパ~ン☆
a0137181_21385993.jpg


アミューズの前のアミューズ
a0137181_2140592.jpg


中身、凝ってますよ~!
フォアグラのムースにブルーベリーやピスタチオが。
結構ガツンときます。そんだけのっけからインパクト大!

ウッフのスクランブル
a0137181_2141403.jpg

甲殻類のヴィスクにウニウニが入ってる♪豪華なスクランブルウッフだぁ~^^

ヨシノの自家製pain
a0137181_2143854.jpg

こちらのパン、ほんっと美味しいです。

慌てて撮ったらまたピンボケ(汗)
a0137181_21435117.jpg


キレイな澄んだコンソメ
a0137181_21442515.jpg

ブッフコンソメです。浮かべてあるのは、ブッフのフィレ肉と、鶏胸のムースも。
トリュフの香りが効いてます!ああ、シアワセ。。

今度は形状の違う子が出てきた☆
a0137181_21461542.jpg

そーいや年末年始は、しまねのダブルソフト生活が続き、こっちに帰ってきてからも
お正月休みのパン屋さんが多かったから、これが今年初のウマパン。
そりゃ、がっつくでしょ!(笑)

加賀の寒ブリ
a0137181_21494879.jpg


背面に回ると、赤芯大根や、ラビコットソースなんかがよう見えます。
a0137181_2151223.jpg


脂が乗って、ウマウマウマでしたよ~♪

今度は脇をぎゅっと締めて手ブレ防止!
a0137181_21584720.jpg

よよ、、ミラーになって、ばっちし私、写っちゃってるぢゃん!(汗)

こちらは今の時期のスペシャリテらしいです。
a0137181_2204885.jpg

フォアグラちゃんと黒トリュフちゃんをちりめんキャベツで包みましたテリーヌ。
ブールブラン泡ソース(ガッツリ間違えました><)
<訂正>→フォンドヴォライユ(鶏のフォン)にフォアグラを溶かし込み、
生クリームで乳化した泡泡のソースエマルションが添えられてます。
新年早々、何て豪華なんざんしょ。

お魚料理は鮑☆
a0137181_2225273.jpg

まずはココットごとご披露。

んで、例のミラーラクロッシュをぱかっと開けると・・・
a0137181_224998.jpg

キャイ~ン!!デカイ!!!(ハート)
とっても柔らかく、磯の香りがぷ~んと・・ああ、また食べたし!

いよいよ次のジビエメインちゃんのために、パンは小ぶりでお持ち下さいました。
a0137181_2253233.jpg

でも、お気遣い戴かなくてもノンメルシーよ。
だってこの大きさなら、あと3回は確実おかわりできますもの^^

あ、来た来た♪
a0137181_2265616.jpg

いよいよです☆

じゃじゃ~~~~ん

a0137181_2273118.jpg


・・って、予告画像で載せちゃったから、新鮮味ないな(--;
いや~、シェフが豪語するだけあって、がち旨かったっす!
ビストロ会で戴いたリエーブルも美味しかったですけど、こちらはきちんとレストラン料理のジビエ。
下処理にしろ、ソースにしろ、この一皿全てにおいて、すっごく手間隙かかってるんだと思います。
だからこそ、一口一口大切に大切に、噛み締めながら味わいながら戴きました。

ピンクのラギオール、かわゆし!
a0137181_22101852.jpg


ささ、デセールはさくっと(笑)

a0137181_22105036.jpg


a0137181_2211664.jpg

このトリュフ風味のスフレも美味しかったなぁ~

ここまで完食すると、さすがに満腹じゃし(笑)

あ、ワイン載せるの忘れてるやw

まずは大好きマコンを。
a0137181_22124869.jpg


ジビエに合わせた赤をグラスで
a0137181_22131346.jpg


お食事後、手島シェフがご挨拶に出てきて下さり、熱~く(笑)本日のお料理のご説明をして戴きました。
スペシャリテづくしの今回のコース。ほんと、素晴らしかったです!!!
やっぱりわざわざ和歌山まで足を運ぶ価値のあるお店ですね。
素晴らしいお料理とシアワセ時間をありがとうございました!

追伸
2/26、27にラシームの高田シェフとコラボイベントされるそうです!
残念ながら私は両日レッスンで行けませんが(T-T)

手島シェフと高田シェフ・・・実に熱く濃密なコラボとなりそうじゃ(笑)
[PR]

by umo-pamo | 2011-01-27 21:52 | オテル ド ヨシノ
2010年 08月 12日

夏休みの遠足

かねてからその評判の高さから、遠方で行ってみたいレストランの筆頭に挙がっていた
「オテル ド ヨシノ」さん。遂に初デビュー♪

天王寺から紀州路快速に乗り込み、軽い旅行気分。
和歌山へは車でしか行ったことない連れてってもらったことないので、長旅覚悟してたけど、
思ったより大阪⇔和歌山間の近さにビックリ!!あっという間に着いちゃいました♪
電車の中で爆睡出来るワタシにとっては余裕のよっちゃんです(笑)

和歌山駅からはタクシーで1メーター聞いてたんですが、遠足なんやから歩かんとね~
せっかくだから、歩きがてら和歌山観光もしたいし、、、って結局道中本当に何もなかったのですがw

目指すところは、この建物の12Fにあります^^
a0137181_965028.jpg


最上階なので、ロケーションもばっちり!
a0137181_9104979.jpg


お料理は、好き嫌いないのでお任せで、手島シェフのスペシャリテを戴きたいとリクエストしてました☆
a0137181_9101551.jpg

さてさてどんなお料理たちに出会えるのやら^^

いくら1メーター距離とは言え、炎天下歩いてきたので喉の渇きマックス。
a0137181_9115794.jpg

マックスに乾いた喉と、最高潮の空腹に至福の瞬間が訪れる・・このまま死んでもいい~(ジャロ)

シャンのお供にfromage入りグジェール
a0137181_9134710.jpg


menuは全て口頭でのご説明だったので、うる覚えです--;

Amuse−gueule
a0137181_9161353.jpg

ルビーポートとホワイトポートでマリネしたメロンと生ハム、下にはコンソメゼリーが敷いてあります。
王道の「生ハムメロン」はあまり好きではないのですが、マリネされたメロンが大人の味に変化してて、
これは美味しい!THE☆夏のアミューズにピッタリ!!

soup
a0137181_9214985.jpg

何とも美しいエメラルドグリーンは、胡瓜のゼリー。

この上に、ガスパチョが注がれます。
a0137181_923996.jpg


achevement!!!^^
a0137181_925171.jpg

一口掬うと、ガスパチョのルージュと、きゅうりゼリーのグリーンが混ざり合って色彩的にもうっとり。
炎天下歩いてきた汗も一気にぶっ飛ぶ。

こちらの自家製painの評価も高いので楽しみのひとつでした。
a0137181_9294280.jpg


岩牡蠣
a0137181_9301986.jpg

うわ~、デカイ!!しかも、冬以来御無沙汰してる、大好物の牡蠣ではないですかっ!!
和歌山の白崎海岸で採れた岩牡蠣にエシャロット、赤ワインビネガー、サワークリーム、
白ワインのジュレを纏わせ、柚子の皮で香りづけしたもの。
爽やかな磯の香りがして、美味しくないわけありません!!!

しかし、この後更なる感動がワタシを襲った。。

a0137181_936383.jpg

キターーーー!!!!!手島シェフのスペシャリテ「pate en croute」
シェフのパテオンクルートは、ビストロ会でも戴きましたが、それとはまた全くの別物!
パテを取り囲む熊野和牛(?)のコンソメジュレが涙出ちゃいそうなくらい美味しい(><)
そしてそして、添えられた鴨のムース、プルーン、ビーツとの調和が絶妙!
明日もし世界が滅びるなら何を食べたい?の候補の中にリストオンされました^^
(そんなに候補たくさんあるんかいっ!!)

パンの形状かわりましたw
a0137181_9501137.jpg


お魚は鈴木君
a0137181_9502820.jpg


鈴木君とアーティチョーク、鮑君なんかも居てました。
鮑やわらかっ!!きっと火入れに相当時間と手間ヒマかかってるんじゃろな~。
白いのはアーティチョークの泡やってw
これも、夏らしい1品でした。

いよいよ最後の鳳のメインです!事前にシェフから兎で御用意いただいてると伺ってました。
兎ちゃんも久しぶりです。
じゃじゃ~~ん
a0137181_9534555.jpg

目の前に出された瞬間、トリュフ香に悩殺されそうになります(*-*)
結構お腹もいい感じになってきてたんですが、ここで一気に食欲リスタート!(笑)
お肉には、兎のロニョナードがファルシされてて、これが濃厚なトリュフソースとフォアグラに
ベストマッチ!!再び涙流しそうになったやん><

フォアグラの上にはこんなbigなトリュフが乗っかってます。うるうる・・
a0137181_101469.jpg

ガルニは、ジロールと兎ちゃんの大好物な人参ってとこが、何とも兎ちゃん想いで泣かすぜ(笑)
というわけで、此方も世界が明日滅びたら、、候補にリストオン^^

プレデセールは和歌山のあら川ももとロゼワインのジュレ
a0137181_1043492.jpg


そして、この後のデセールに一瞬釘付け・・・w
a0137181_1052462.jpg


何なの~~~?この愛らしいピンクのお玉は!!
a0137181_1091012.jpg

ピンク大好きなので、オンナ心を擽られます^^
クレームブリュレを再構築したものだそうです。見た目からは全く想像もつかねぇ~(TT)

で、お玉を割るとこんな感じ
a0137181_10111673.jpg

すご~い、飴細工ってこんなに薄くてデリケートなんですね~。。ravissant!!!

ワインは、魚までは、非常にバランスのとれた左側のブルゴーニュを、
兎に合うとオススメ戴いた右側のワインをグラスで。
a0137181_1018266.jpg


a0137181_10133041.jpg

堪能!堪能!!!まさか世界滅亡の前日に食べたいお料理が1日2皿も見つかるとは(笑)
「全身全霊込めて調理します」という手島シェフのお言葉に応えるべく、私も全身全霊で戴きました。
結果、こんなに感動するお料理に出会えたのだと思います。
お忙しいのに最後御挨拶に出てきて下さったシェフ。本来ジビエ料理が得意分野だとかw
もう、これは秋冬の遠足再訪大決定でしょう!!!
Kさん、またご同行よろしく!今度は私にジビエ横取りされないようにね(笑)

サービスの方々も皆さんほんわか笑顔で接客頂き(でも仕事は完璧)、癒されました^^
シェフ~~~、また必ずや伺わせて頂きますね(*^-^*)
[PR]

by umo-pamo | 2010-08-12 10:26 | オテル ド ヨシノ