ワインのない食卓は太陽のない1日と同じだ

ville.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 14日

Strike while the iron is hot

a0137181_22244231.jpg


Strike while the iron is hot !

鉄は熱いうちに打て!

老化現象か、ここ最近めっきりアルツの気が強くなってきたわたくし00歳。

過去記事すっ飛ばして順不同でレポートして参ります!

a0137181_22265378.jpg


ハイハ~イ♪もちろん喜んでステキ時間過ごさせていただきますとも(^0^)

今月の地方はブルゴーニュ

a0137181_22281766.jpg


いつかそのブドウ畑に頭から埋もれてみたい 大好きなワインがごろんちょある地方です。

・・と、その前に、今日の 犠牲者 同行者はパスタ並べ名人(笑)tomoちゃん

飲んべえといえばまっ先に思い浮かぶ飲み友

そんな彼女がとっても美味しい泡を担いできてくださいました☆彡

a0137181_22313059.jpg


さっすが、P兄さん!プロはセンスが違うね^^

すきっ腹はよくないと2人とも既に学習済み
a0137181_22332131.jpg


ただの飲んべえだけではなく、コンフィチュール作らせたら天才的な彼女。

教室でも、東京で買ってきたこの子たちより、tomo作の子がイチバン人気ですよ^^

そんな彼女の着ている服はいつもちょっぴり個性的
a0137181_22354836.jpg


個性的だなんて、ミラーボールのようなスカートをフツーに履いてる私に
言われたかないでしょうが(笑)

ガーゼっぽいというかコットンぽいっていうか、
普段自分が着ないせいでしょうか、とっても自然体で新鮮(寝まきっぽいともいう・失礼!)
そしてこれまた彼女にとっても合ってるのん^^

そんなtomoはピアスも毎々ラブリー
a0137181_22381074.jpg


耳クソ写ったらごめんやで~と言いつつのドアップ(笑)
耳クソ写ってなくてセーフだね、tomoちゃん♪^^

、、、またしてもアホな前置きが長くなっても~たーー;

ここからは近々行こうと狙ってらっしゃる方にとって参考になるような忠実且つ真剣レポお届けします!

今回はカケツケ付きだったのでいきなりボトルです。
a0137181_2241950.jpg


やっぱせっかくだからテーマに沿ったワイン頼むべきでしょう。
いや、別の地方の料理でも恐らくブルゴーニュ頼むな・爆

「お疲れ気味で酷い顔してるからアップはnonね」とケヴィン

a0137181_2243454.jpg


そっかぁ?この日も相も変わらずナイスガイでしたけど(^^*

仕方ないので遠目から
a0137181_22445438.jpg


背後でちょこんと顔のぞかせてるシェフがかわいい(笑)

ひとさらめ

a0137181_22464348.jpg


グリンピースとマスタードを挟み込んだグージェール
グラスの中には、フレッシュなシェーブルとエシャロット、緑色はロケット。
さらにスモークされたベーコンのローストがぱりぱりのパートフィロに纏われてる

ヤギチー苦手ですが、フレッシュなのは食べやすいんですね♪

パセリとジャンボン(ハム)

a0137181_22503345.jpg


デセールと見紛うくらい美しい!

角切りのジャンボンに丸っこいのんはジャンボンのムース、その上にはケイパーのフリット

パセリの泡あわソースに黄色いのは卵の黄身で白いのは卵白固めたもの

とっても美味しくお美しいのですが、もうちょいガッツリ量あっても嬉しいっす(笑)

お次は茸のグラスの上に牛乳の泡あわソースが乗っかったものに
a0137181_22544947.jpg


レンズ豆のsoupが注がれます
a0137181_22552998.jpg


周りの正露丸みたいな黒い粒はなんとレンズ豆のフリット

a0137181_22561522.jpg


盛り映えもですが、食べたらカリカリ食感、これおもしろい!
早速家でもパクろう(笑)

天然ウナギです♪
a0137181_22574933.jpg


ビーツと大根のコンフィが添えられ、ソースは甘口白ワインを用いたちょっぴり甘めのおソース

隠し味にねずの実風味、ビーツの素揚げとルッコラも飾られてます。

ここまでの説明、何て鮮烈な記憶なのでしょう!!!

実は例のメモメモ作戦ですが(チーン)

さて、お次はいよいよお肉のメインです。

ブルゴーニュの名物肉料理と言えば、ハイみなさんもうおわかりですよね??

と、その前に赤赤

a0137181_232495.jpg


別々の子をグラスで。

「なんで3種類置いてくれてるんじゃろね?」とガチでtomoに聞いたところ

「ちょっと!これさっきボトルで飲んでた白でしょ!!」と

事もあろうにパスタ並べのtomoに指摘されても~た(TーT)あぅあぅ

a0137181_234496.jpg


これ、ボトルでぜんぶ開けてたらすげ~なw

で、ブルゴーニュの伝統お肉料理と言えば、そうです!

かたつむり~~~!!!!!
a0137181_2364455.jpg


・・ではなく、ブッフブルギニオンです。つまり牛肉の赤ワイン煮

かたつむり=フランスではエスカルゴ思ってましたが、やっぱ別生物なんっすね。
仏語で「ルマコーニ」というそうです。伊語は「ルマーケ」
やっぱちょっと似てますね!

ガルニも秀逸です!
a0137181_23405047.jpg

マッシュルームのデュクセルにエスカルゴ、人参、玉ねぎ、ジャガイモ、ベーコンなどなど
フォンドヴォーを用いてしっかり炊き込んであります。

ルマコーニ君の中にブッフ君が隠れています。

a0137181_23102398.jpg


「ボンジュール!」と満面の笑顔でブッフ君に挨拶してみたが、傍から見るとただのキモイ人・・

上品可憐な盛りつけのせいか、今日はデセールも余裕でおさまりそう^^

まずはプレデセ

a0137181_23124489.jpg


フランボワーズとオレンジのゼリー、ライムのメレンゲ
上にちょこんと刺さってるにはパンデピス、泡は何とパンデビスの風味をつけた泡

なんて凝っているのでしょう!

因みにtomoはパンデピスも作れるそうです。

そこで某日、彼女のデザートと

1日限りのコラボレッスンを開催する運びとなりました!
(てか、ここで出てきたパンデピスで急遽そんな話になったんだけど)

実は来月平日のお昼間に、プライベートレッスンを行う予定なのですが、

若干1名様限定でご応募をかけようかと思います。

レッスン内容は、過去人気の高かったメニューをシャッフルしてと思ってますので、
皆勤賞の生徒さまには向かないかな(笑)

詳細決まり次第告知致しますので、ご希望の方がいらっしゃればblogチェックを
マメによろしく(笑)

で、サイゴこれまた美しすぎるメインデセール
a0137181_2322085.jpg

クレームドカシス レアチーズ マールを使ったカシスのピューレ
お飾りに私も重宝してるマイクロトマトちゃんなんかも居て華やか極まりない!

tomoはサイゴのサイゴまでミニャに入ってたリバーシブルマカロンを
何度も裏表ひっくり返しながら食べてた。
a0137181_2343758.jpg

本当にお菓子好きなんだと思う。

この後再度家に戻り、カケツケしきれなかった泡を飲み、
tomoを見送ったあと私はフレスコの焼きそば特盛りをがっつき、
彼女は京都に戻ってからさらに飲みに行ってフラフラだったらしい。

2人ともフツーじゃない思うーー;チーン
[PR]

by umo-pamo | 2011-06-14 23:28 | ラ・シーム


<< カタツムリ続き      mon mere >>