ワインのない食卓は太陽のない1日と同じだ

ville.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 12日

地震の脅威

まずは東北地方の被災者とご家族の皆さま、心よりご冥福お祈り申し上げます。

地震の起こった昨日、私は午後から半休をいただき、
夕方からの特別レッスンの買出しを終え、もうすぐ家に着く地下鉄の中でした。

「地震!!すごい揺れてます!怖い!!先生のとこ大丈夫ですか?!」

ご近所のお友達や生徒さんからこんなメールもらい、慌てて家に向かう。

マンション近くの会社や、さらにうちのマンションの住人もたくさんの人が1階に非難してて・・・

「食器が割れた」 「シャンデリアが天井にぶつかって割れた」

そんな声々を聞き、不安が加速する。

「部屋の中めちゃくちゃんなってて、レッスン出来なかったらどうしよう・・」

なんせ、うちの部屋の中の殆どの調度品ガラス製品なので(笑)

幸いにも、飾っていたドライフラワーがコケてただけで、特に被害はありませんでしたが、

その後流れてきたニュースを聞いて驚愕しました。

これは、阪神大震災規模の大型地震だ!!!

ヒドイ揺れと聞いて、ついに谷町断層が動き出したか・・と、てっきり震源地は近所だろうと思いきや、

まさかそんなに離れていようとはw

関西でこんな大きな揺れなのに、震源地の近くの方々は、それはそれは怖い思いをしたに違いない。

地震の被害は特になかった上に、自分自身は地下鉄の中で恐怖を感じることもなく、

「ラッキーだった」

一瞬でもこんな風に思ってしまった自分をすごく情けないと思います。

「自分だけがよければ、自分だけが助かればいい」

現在死者不明者1500人超。

恐らく今後もっと増えるかもしれない。

ニュースで見る生々しい被害映像、原子力発電所の爆発、津波・・・

実際、身内の方の被害で、昨日のレッスンをキャンセルせざるを得なかった生徒さん、

送別会の約束してた上司が実家の被害対策のため送別会どころじゃなくなったこと、

身の回りの方々の被害を聞くと、余計にこれは人事ではないのだと実感します。

これ以上被害が大きくならないことを切に祈るのみです。
[PR]

by umo-pamo | 2011-03-12 15:01 | 日々の出来事


<< 3/19(土)空席のお知らせ☆      夢を持ち続けるということ >>